導入事例

アプラス様

自社で活用できるようCRMシステムをリニューアル
サービス利用を拡大し、サイトへの来訪アップを実現しました

アプラスグループは新生銀行グループにおける消費者向けファイナンスの中核企業。
取引先加盟店を通じた円滑な信用供与により、消費者信用マーケットにおいてお客さまに優れた金融サービスを提供することで人々の豊かな暮らしづくりに貢献。
アプラスはグループの主力であるショッピングクレジット事業・カード事業・決済事業を担当しています。

  1. 導入の背景と目的

    アプラスではクレジットカード等の会員向けのメルマガ会員限定サイト「APLUS NEWS+(プラス)」(以下、NEWS+)」を開設し、 エンタメやグルメなどの情報発信に加え、プレゼントキャンペーンを実施しメール配信を行っていました。
    しかしサイト開設当時に利用していたCRMのASPサービスは会員数やキャンペーン数に応じて都度追加料金が発生することがネックとなり、キャンペーン施策を積極的に行えない状況でした。
    また、一度設計したデータベース項目の変更が難しく、画一的なメール配信しか実施できていませんでした。

    さらなるサービスの利用拡大を目指すには、WEBサイトとメルマガを連動したマーケティング施策を展開していく必要があると感じており、 一斉配信だけでなく、顧客のサービス内容に応じたメール配信や「NETstation*APLUS」会員へのメール配信など、 多様なメール施策をすることでメルマガをフックとしたサイト来訪、サービス利用を促進できるのではないかと考えていました。

    こうした状況を踏まえ、アプラスが提供している他サービスと連携をとりやすいこと、多彩なメールやキャンペーン施策を自社主導で実施できることを重視しました。
    複数のASPサービスを検討した結果、柔軟なデータベース設計、さまざまな軸でターゲットを抽出できるメール配信、複数のキャンペーンフォームを同時に運用できるアンケート機能などの要件を満たし、セキュリティ面での信頼性や業務要件に対する拡張性・対応力に優れた『Visionary』の導入を決めました。

    アプラス1
  2. 導入による効果

    コスト面が懸案であったキャンペーンは『Visionary』を導入したことで、自社キャンペーンだけでなく提携会社のキャンペーンを複数打てるようになり、より現場の意向を反映したマーケティング活動が手軽に出来るようになりました。 キャンペーン応募結果は回答内容を含め全てが顧客情報と紐付くため、データ分析を実施し次の施策につなげています。

    『Visionary』はASPサービスであるが標準サービスで対応が難しい場合は、導入企業のニーズに合わせてカスタマイズできます。 これをアプラスでは「NETstation*APLUS」との連携や今後のマーケティングへの活用を踏まえ、データベースとインポート機能の一部をカスタマイズ。
    これによりマーケティング担当者レベルで「NETstation*APLUS」会員の取り込みができるようになりました。 また、顧客のサービス種別や属性に応じたメール配信を行い、サイト来訪・サービス利用の拡大を図っていました。

    アプラス3
    [アプラス公式サイト]
    URL: http://www.aplus.co.jp/

    アプラス3
    株式会社アプラス
    事業部門(企画担当)
    次長
    宮川 玄平氏
  3. 今後の展望

    アプラスは顧客サービスを充実し、さらなる利用促進を図るため「アプラスポイントプラスモール」というショッピングモールサイトを立ち上げました。
    このサイトでの顧客の獲得ポイント情報を「APLUS NEWS@WEB」と連携することで両サイト間の送客効果を高め、顧客のサービス利用意欲の向上を図る施策を展開していく予定です。
    また、顧客向けだけでなく重要なパートナーである加盟店向けの支援を『Visionary』を活用し強化していきたいです。

    アプラス4
    [バースデーキャンペーン]

ご相談はこちら

資料請求・お問い合わせ

お気軽にご相談ください

電話でのお問い合わせはこちら

03-6206-4850

受付時間:平日10:00〜18:00