アトレ様

会員1人1人とつながるオンラインコミュニケーションの場が実現しました。

株式会社アトレ(旧:東京圏駅ビル開発株式会社)は、JR東日本グループの駅ビル事業会社としてのビジネスを1990年4月にスタート。
同年9月に開業したアトレ四谷を第1号店として首都圏各所に商業施設を展開し、多彩なショッピングセンター事業を展開しています。

  1. 導入の背景と目的

    アトレが運用する会員サービスの「アトレクラブ」では会員に対し、ホームページでの情報提供や会員向けのメルマガ配信などの施策を行っていました。
    合併を含め積極的な出店でカード会員数も順調に伸び、100万人突破が目前となる中で、 今後の売上拡大の重要課題として「会員1人1人との関係構築」が上がり、 これまで施策を行ってきた“会員全体”へのアプローチではなく“個客”とのインタラクティブなコミュニケーションへの転換が求められました。

    この課題を受けて、アトレとテナントショップと会員がコミュニケーションできる場を設けるため、アトレクラブ会員向けサイト「マイアトレ」の開設計画が進められることになりました。
    「マイアトレ」の制作では運営に必要な管理機能はもちろん、課題として上がった「会員1人1人との関係構築」を実現させるため、会員情報や履歴情報に基づいたアプローチの自動化の実現が重視されました。
    こうした観点からサイト構築・運用面だけではなくコスト、実現スピード面からも評価され、オンライン・コミュニケーションを統合管理できる『Visionary』が採用に至りました。

    アトレ1
  2. 導入による効果

    新たにオープンした「マイアトレ」では顧客育成のためのアクションを“シナリオ化”し、日々PDCAサイクルを図っています。
    このPDCAサイクルを利用してコミュニケーションやアンケート、会員管理など、日々の運営に必要な業務負荷を考慮した機能を設計し、Webサイト、メール、実店舗を連動させたコミュニケーション・シナリオの運用を実現が可能になりました。
    コミュニケーション・シナリオの運用が実現したことにより、お客様との関係強化や離脱防止の施策を効率的に行えると手応えを感じています。

    具体的な施策として「アトレクラブ」会員の利便性を高めるサービスをより強化をしています。
    例えば買物履歴やポイントの照会、従来は来店の必要があった会員情報の変更をオンラインでできるようにするサービスの実施や 会員自身がお気に入り登録したアトレ店舗の更新情報が届けられたり、 来店履歴に基づいたレコメンデーション、顧客の声を収集のためのオンラインアンケートなどの実施を行っています。

    アトレ2
    アトレ3
  3. 今後の展望

    「マイアトレ」では、会員のセグメンテーションの要素に購買履歴だけではなく、エモーショナルな要素を踏まえた顧客リレーションシップを構築しています。
    今後においては、ショップや会員間の結びつきを創出するソーシャルな仕組みを取り入れることも検討し、
    「マイアトレ」を通してお客様との対話やサービスを強化することにより、暮らしの中のより身近な存在として、アトレのファン拡大を図っていきます。

    アトレ4

ご相談はこちら

資料請求・お問い合わせ

お気軽にご相談ください

電話でのお問い合わせはこちら

03-6206-4850

受付時間:平日10:00〜18:00